軽自動車の車検を受ける場合

車を新車で購入した場合、初めての車検は3年後になりますが、その後は2年おきになります。車検は、車を購入した店やディーラーなどで受けられますが、最近は格安で受けれる車検専門店が増えています。専門店の場合は、点検、整備にかかる時間が非常に短いので代車を借りる必要がないという事や、ディーラーに比べて費用がかなり安いのが特徴です。例え軽自動車であっても車検は非常にお金がかかるものなので負担が大きくなりますが、専門店なら少なくてすむので安心です。必ず必要になる費用は、自賠責保険料、検査手数料、重量税で、どこで受けても金額は同じですが、軽自動車の場合は普通車に比べて若干安くなります。ただ、点検整備料や車検代行料、修理にかかる工賃や部品代などは店によって変わるので、不安であれば事前に見積もりをとると良いでしょう。

軽自動車の車検に必要な種類

軽自動車の車検はスムーズに行うために必要な書類があります。事前に把握しておき、間違いがないようにしておくことが求められています。用意が求められる書類には、車検証や定期点検整備記録簿、納税証明書、自動車損害賠償責任保険証明書が求められます。これらの軽自動車に必要な種類には、自動車損害賠償責任共済証明書があり、これは自分で事前に用意しなければならない書類となっています。指定の自動車整備事業者から保安基準適合証の交付を受けた場合にのみには、保安基準適合証の提出が必要になります。車検のときには用意されている書類も存在しています。検査協会に用意されている書類は、自動車重量税納付書と継続検査申請書軽第3号様式、軽専用第2号様式、専用の検査票であり、パソコンから用紙をダウンロードを行うことも可能です。軽自動車の車検に必要な種類は、事前に注意して用意しておくことが求められます。

軽自動車の車検がリーズナブルな理由

軽自動車と言いますと、普通車と比べてみた場合に、大きなメリットとなるポイントは、やはり何と言いましても、その経済性にあるというポイントが挙げられます。軽自動車は車両価格や燃費などが、低い事はもちろんですけれども、地域によっては車庫証明の提出の必要もないというケースもあり、税制面に於きましても料率が低い事などは、ランニングコストが光ると言えますが、ランニングコストに関する部分で考えた場合に、2年毎に定期的に受けなければいけない車検も、軽自動車の場合には普通車に比べ、リーズナブルとなっています。その大きな理由としましては、税金の料率が低いため、法定費用が割安であるというポイントと、消耗品やパーツなども、普通車用よりも比較的に、値段が安い傾向があるというポイントなどが、主なものとして挙げられます。