軽自動車の車検の内容

軽自動車を購入する人が増えているのは、家計のお金を少しでも浮かせる為です。車体価格を新車で購入すると、今の軽は、大きいので、小さいサイズの普通車と変わらない金額です。しかし、ガソリンも普通車に比べれば安いです。もっと軽が得だと分かるのは、車検の金額になります。軽の諸費用が4万円程です。普通車だと大きさによって異なってきますが、6万円からになります。ディーラーで行うと、もっと高いかもしれないです。なので、何処も直す箇所が無ければ、諸費用だけの4万円と消費税になります。ここに直す箇所が出てくれば、その部品や修理代が加算されていくと考えて良いでしょう。タイヤの溝が無いと言われれば、新しいのを購入して付けないと車検は、通らないので、4本購入します。タイヤだけで10万円位するので、合計14万円になります。

軽自動車に必要な車検費用。

車両価格が普通乗用車よりも安く、小回りがきき燃費も良い。そんな理由から、近年普通乗用車から軽自動車に乗り換える人が増加しています。そんな軽自動車ですが車検にはどのくらいの費用が必要なのでしょうか。まずは絶対に必要な諸費用ですが、自賠責保険と重量税、車検更新時に必要な印紙代として約32000円~35000円ほどが必要です。これはエコカーや古い車など車種によって異なります。それにプラスして、車検を通す為の修理費用と部品代などが加算されます。更に自動車整備工場で車検を受ける場合は、私たちの代わりに軽自動車検査協会で検査更新の手続きを行う代行手数料が必要になってきます。この代行手数料はお店によって異なるので少しでも安くしたいのであれば、様々なお店に見積もりをとってみると良いでしょう。もっと安くでおさめたいという場合は少し手間がかかりますが、検査協会に自分で持ち込んで検査を行うといった方法もあります。

軽自動車の車検について

自動車の車検は必ず受ける必要があります。受けていない車は、公道を走ることができません。安全に、安心して乗り続けることができるように、しっかり点検を行うようにしましょう。これは、普通自動車だけではなく、軽自動車も同じことが言えます。軽自動車だからと言って、点検の項目が少ないというわけではありません。普通自動車と同じように、多くの点検項目をクリアーしなければなりません。しかし、軽自動車特有の故障箇所というのはあります。例えば、普通自動車とは違い、小さなエンジンで動かしていますので、オイルの劣化が早い場合があります。また、バッテリーに関しては容量が少ないことありますので、電装品が多い車の場合はバッテリーが劣化していないかをしっかりチェックしてもらう必要があります。隅々まで車検時には点検を行ってもらうようにしましょう。